情報マネージメント系資格制度

情報システムコーディネーター職の資格制度について

従来から、技術者向けのプログラミングや運用などの技術系知識を問う資格は存在した。しかし、近年、組織における情報技術の重要性が高まったことから、社内、企業、団体における情報システム業務をリードするための知識や能力を問う情報マネージメント系の資格制度がいくつも設立されている。CIOは、これらのマネージメント職種を束ねるさらに上位の職位であるため、本来、下記資格に求められる程度の知識は習得している必要がある。

資格制度

情報処理技術者試験 (経済産業省/情報処理振興協会)

情報処理技術者試験は、1970年より実施されている情報処理に関して必要な知識及び技能について行う国家試験。スキルレベル1(ITパスポート)から始まり、スキルレベル2(基本情報技術者)、スキルレベル3(応用情報技術者)、スキルレベル4(高度情報処理技術者)と、スキルに応じた資格試験が提供されている。スキルレベル4として示される「ITストラテジスト(高度IT人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者)」および、「プロジェクトマネージャ(高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者)」が、医療行政系CIOに近い人材であると言える。

ITコーディネータ (特定非営利活動法人ITコーディネータ協会)

ITベンダーとITユーザーである企業経営双方の知識を持ち、経営者の経営戦略を実現するIT化支援サービスを行う専門家であり、経済産業省推進資格となっている。

ITIL (イギリス政府系)

ITIL(IT Infrastructure Library)とはITサービスマネジメントのベストプラクティス集。1980年後半に英国の政府機関が作成し、IT運用における実際の知識・ノウハウが集約されている。ITILを管理している英国OGC(Office of Government Commerce)によってITIL認定資格試験が提供されており、日本では「ITILファンデーション」、「ITILプラクティショナー」、「ITILマネージャ」が受験できる。

情報技術者のスキル標準 (参考)

CIW (米国ProsoftLearning社)

CIW (Certified Internet Web Professional)とは、米国Prosoft Learning社とProsoft Training Japanによって運営されているインターネット技術者の技術者認定資格。最も基本となる「CIWファンデーション試験」に合格の後、職能別の個々の試験に合格することで、「アソシエイト」、「プロフェッショナル」、「マスター」と昇格することが出来る。

ITSS (経済産業省, スキル標準)

経済産業省が2002年に公表したIT関連サービスの提供に必要な実務能力を体系化した指標。ITサービスの分野を、「マーケティング」「セールス」「コンサルタント」「ITアーキテクト」「プロジェクトマネジメント」「ITスペシャリスト」「アプリケーションスペシャリスト」「ソフトウェアデベロップメント」「カスタマサービス」「オペレーション」「エデュケーション」の11分野に大別し、それぞれの専門分野ごとに達成度指標、指標ごとに必要とされるスキル、熟達度を7段階で定義している。

J07 (情報処理学会, 情報学科標準カリキュラム)

情報処理学会が、世界標準である米国IEEE/ACMのCC2001-CC2005を土台として、日本の情報専門教育の状況に即して定めた標準カリキュラム。情報について広く学ぶ一般情報処理教育(GE)に加えて、コンピュータ科学(J07-CS)、情報システム(J07-IS)、ソフトウェアエンジニアリング(J07-SE)、コンピュータエンジニアリング(J07-CE)、インフォメーションテクノロジ(J07-IT)の5つの専門領域についてまとめたカリキュラム標準となっている。

国家資格ベンダニュートラルベンダー資格
情報処理技術者CIWLPICISCOMicrosoft
ITSS レベル4高度情報処理
ITSS レベル3応用情報技術者マスターLPI Lv.3CCSP,CCNP,CCDPMCSE
ITSS レベル2基本情報技術者プロフェショナルLPI Lv.2CCNA,CCDAMCSA,MCP
ITSS レベル1ITパスポート*アソシエイトLPI Lv.1MCA

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional