H29.スケジュール

H29 研修スケジュール

事前学習・ SFC-Global Campus 「ネットワーク産業論」のどれか一つを視聴する (60分)
・ 情報セキュリティについて、参考文献に目を通す (60分)
・ 申し込み時に記載した最終レポートについて、構想を練っておく (30分)
・ 自己紹介シートを作成する (30分)
9:20 ~ 10:50
(90分)
11:00 ~ 12:00
(60分)
13:00 ~ 14:00
(60分)
14:10 ~ 17:00
(170分)
9月27日(水)
(アプリケーション)
開講式/キックオフレクチャー
医療情報化の動向
医療情報の標準化
アプリケーション・ワークショップ
■ 研修主任 奥村 貴史

研修オリエンテーション、医療の情報化における課題と人材育成



■ 国立保健医療科学院 吉村 健佑 主任研究官

我が国の医療情報化政策における過去と現在



■ 東京大学 美代 賢吾 先生

医療の情報化の鍵を握る標準化の動向について概観する



■ 国立情報学研究所 曽根原 登 先生

◆招待講演「救急医療とタブレット端末」
佐賀県 総括本部  円城寺 雄介 氏

◆グループワーク
9月28日(木)
(情報セキュリティ)
セキュリティとプライバシー保護地域医療の情報化事例
遠隔医療の動向と各種事例
セキュリティ・ワークショップ
■ 医療情報システム開発センター 山本 隆一 理事長

医療の情報化に求められるプライバシー保護を第一人者に伺う


■ 佐渡総合病院 佐藤 賢治 院⻑

佐渡の先進事例「ひまわりネット」より、介護等連携の実際を学ぶ



■ ⽇本遠隔医療学会 理事 長谷川 高志 先生

我が国の遠隔医療に関する諸動向と事例の紹介



■ OWASP Japan 岡田 良太郎 氏

◆ビブリオバトル






9月29日(金)
(調達・運用)
情報システム調達論
医療等IDと地域医療
地域医療の情報化事例
プロジェクト管理・ワークショップ
■ 元厚生労働省CIO補佐官 徳永 篤男 氏

行政による情報システム調達はいかにあるべきか



■ 慶應義塾大学 金子 郁容 名誉教授

医療等IDの背景、現状と、今後について




■ 長崎大学病院 松本 武浩先生

長崎の先進事例「あじさいネット」より、地域医療情報化の実際を学ぶ


◆導入講義「プロジェクト管理」
リンクスシステムG.K. 原田 奈美 氏

◆グループワーク「最終レポートプロジェクト」


遠隔研修 (2ヶ月間)
・ Wikiを用いた情報共有演習
・ 電話会議システムを用いた各班の中間報告会の開催
・ WebExを用いた隔週オフィスアワーの実施
11月24日(金)
最終レポート提出

12月初旬
最終報告会

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional